公益社団法人 日本産科婦人科学会

English
学会からのお知らせ
SUB MENU

【締切日注意】ARTオンライン登録 2022年登録締切(2023年11月30日)ご案内

更新日時:2023年10月10日

ART実施責任者 各位

常日頃より、日本産科婦人科学会のART症例登録システムへの体外受精実施症例の登録に関し甚大なるご協力をいただき感謝申し上げます。

すでにご案内の通り2022年治療開始症例(2022年1月~12月)の登録締切は、2023年11月30日です。

登録が完了しましたら、下記の項目につきましてもご報告・ご提出をお願い申し上げます。
診療実績の登録は、施設認定の要件となっております。施設承認の取り消しにご注意願います。

【1点目】登録入力状況(登録完了)報告
ゼロ登録の場合もご報告ください。
こちらから提出【ARTオンライン登録】登録状況報告フォーム

【2点目】ARTの臨床実施における安全管理に関する調査票
こちらから提出【ARTの臨床実施における安全管理に関する調査票】

【3点目】他の研究機関への情報の提供に関する記録
提出方法:メール添付で提出( art-touroku@jsog.or.jp )
書式はこちら

なお、2021年9月にご案内の通り、ART症例登録システムは2022年より改定されておりますのでご留意いただきますようお願いいたします。

詳細は登録・調査小委員会オンライン登録のHPをご参照ください。

ART医療を行うにあたっては、保険診療あるいは自費診療の如何に関わらず、本会見解をすべて遵守し、ART施設登録審査の承認を受け、その治療の詳細をART登録調査事業に毎年報告する責務がございます。

ART登録施設がこの報告の責務を果たさない場合は、その理由を問わず、登録を抹消されることがございますので、予めご承知おきください。

今後とも、本会のART施設登録や登録調査事業へのご協力をお願い申し上げます。

臨床倫理監理委員会
委員長 鈴木直
登録・調査小委員会
委員長 片桐由起子

このページの先頭へ