公益社団法人 日本産科婦人科学会

English
産婦人科専門医
SUB MENU

(研修会等開催者向け)研修会開催申請システム

更新日時:2023年1月25日NEW

お知らせ

10月1日に新しい研修会開催申請システムをリリースいたしました。
2022年12月31日をもってe医学会カードの利用が終了し、2023年1月より新会員証『JSOGアプリ』または『JSOGカード』で出席管理(当日の受付)を行っていただきます。
詳細は【新しい研修会開催申請システムのご案内】をご確認ください。

運用指針

研修会を開催される方は、下記の運用指針(2023年1月改訂、2023年4月以降開催の研修会版)をご確認いただき研修会申請を行って下さい。

【学術集会・研究会・講習会等で取得可能な日本専門医機構 単位(専門医共通講習・産婦人科領域講習・学術集会参加)の日本産科婦人科学会が行う申請・審査・単位付与の運用指針】

なお、2023年3月末までに開催する研修会についての運用指針はこちらが適用されますのでご確認ください。

研修会開催申請

FAQ

研修会申請システムについて
Q
機構単位が申請できません。
A

営利団体主催の研修会等(主催団体種別で「その他営利団体」を選択した場合)は機構単位を申請できません。

Q
企業が共催する研修会等の場合、企業名はどこに入力しますか?
A

学術集会基本情報の画面では共催企業名のご入力は不要です。講習会単位の申請がある場合、各講習会単位申請画面にて、共催企業名をご入力ください。

Q
申請・承認は済んでいるはずですが、「未申請の研修会があります」という通知が来ました。
A

研修会開催申請システムにログインし、「未申請」の研修会を確認してください。状況に応じて申請もしくは取り下げを行ってください(申請は開催日4週間前まで)。

出席管理システムについて
Q
「【WEB】出席登録用URL」とは、会員自身で出席登録するために利用するURLですか?また、「【WEB】出席登録用URL」は必ず利用しなければならないのでしょうか。
A

「【WEB】出席登録用URL」は会員自身が出席登録する形式になります。また、全てを視聴したこと等の要件を満たした後で「【WEB】出席登録用URL」が表示されるシステムや手法が準備出来ることが前提になりますので、必ず利用しなければならないものではありません。視聴の要件を満たしたシステム等を準備出来る場合にご活用ください。

Q
「【現地】出席登録用URL」では開催時間前の登録はできますか?
A

開催日内であれば開催時間前でも「【現地】出席登録用URL」で出席登録が可能です。

Q
「【現地】出席登録用URL」からの手動登録は開催日当日しか利用できないのでしょうか?開催日後に登録することはできないでしょうか。
A

申し訳ありませんが、「【現地】出席登録用URL」より手動登録できるのは単位取得可能期間のみになります。後日登録する場合、研修会開催申請システム内の出席管理システム画面で手動登録が可能です。また、一括CSV登録も可能ですので、必要に応じてご活用ください。

Q
参加日時の時刻は、入室の時刻でしょうか?
A

入室の時刻になります。

Q
ハイブリッド開催の場合、後日、WEB出席者のみCSV登録用テンプレートに入力し、一括登録しますが、現地で出席者登録したデータが全部上書き(洗替え)されて消えてしまうことはないでしょうか。
A

登録されたデータは削除ボタンを押さない限り削除されません。現地QR読み込みデータ、WEB参加URLデータ、一括登録データなど全て登録した場合、全ての出席者情報が蓄積されます。そのうえで重複している方をシステム上で上書きしていくため、後からアップされるデータで前のデータが洗替えされて消えることはありませんのでご安心下さい。

Q
受付した出席者情報はリアルタイムで出席者管理システム内の「研修会出席者一覧」に蓄積されますか?
A

リアルタイムで蓄積されます。

Q
出席登録者の一覧をCSVでダウンロードできますか?
A

研修会開催申請システム内の出席管理システム画面で「登録完了」のボタンを押下した後に出席者一覧がダウンロードできます。

 

お問い合わせ先:kensyukai_sinsei@jsog.or.jp

このページの先頭へ