公益社団法人 日本産科婦人科学会

English
声明/倫理に関する見解
SUB MENU

倫理に関する見解一覧

更新日時:2018年8月21日

臨床・研究遂行上倫理的に注意すべき事項に関する会告

学会会員殿

 学会における臨床・研究活動は最近の社会情勢に鑑み、倫理的観点から十分考慮されたものでなくてはなりません。そのため、既に学会は会告をもって臨床・研究を遂行する際に、倫理的に注意すべき事項に関する見解を公表してきました。
 ここに会員各位への注意の喚起、また便宜のためにそれら見解を改めて一括掲載します。
 学会は、会員が臨床・研究活動を行うにあたり、これらの見解を厳重に遵守されることを要望致します。見解を遵守しない会員に対しては、速やかにかつ慎重に状況を調査し、その内容により定款に従って適切な対処を行います。

公益社団法人 日本産科婦人科学会

2016年6月改定
2014年6月
2006年4月改定
2014年6月改定
2016年6月改定
2015年6月改定
2008年4月
2007年4月
2014年6月
2006年4月
2013年6月改定
1998年10月
2018年6月改定
1987年1月
2013年6月改定
2003年4月
2004年4月
このページの先頭へ