公益社団法人 日本産科婦人科学会

English
産婦人科専門医
SUB MENU

旧制度の専攻医指導施設の更新審査について

更新日時:2018年3月12日

学会会員殿

旧制度の専攻医指導施設の更新審査について

 

 2016年度までに専門研修を開始した専攻医のための専攻医指導施設は毎年指定審査および5年毎に更新審査を行っていましたが、2017年度以降に専門研修を開始した専攻医は専門研修プログラムに基づき専門研修施設群において研修を行っておりますので、今後の対応について中央専門医制度委員会および本会理事会で検討し、下記となりましたことをご連絡いたします。

 

 

1)産婦人科専門研修の規定は専攻医研修開始年度によって決まっており、研修の途中で変化することはありません。旧制度の専攻医指導施設(総合型/連携型/連携専⾨医療型)の指定審査は2017年度まで、更新審査は2018年度までとし、以後は行いません。

2)2018年度に専攻医指導施設更新申請に合格すると、2019年4月1日~2024年3月31日の5年間が指定期間となります。その結果、2020年4月以後は認定期限が切れることによって、旧制度の専攻医指導施設は減少し2024年3月末にはゼロになっていきますが、新制度の専門研修施設(基幹施設/連携施設等)を読み替えることにより、旧制度の専攻医指導施設での専門研修の続行が可能になります。

 

以上

2018年3月

 

公益社団法人日本産科婦人科学会
中央専門医制度委員会 委員長 八重樫 伸生

このページの先頭へ