公益社団法人 日本産科婦人科学会

English
イベント情報
SUB MENU

女性の健康週間

更新日時:2018年6月21日

女性の健康週間 産婦人科医は女性を守りつづけます。- 生涯主治医がいる安心を - 共催:社団法人日本産科婦人科学会、社団法人日本産婦人科医会

「産婦人科医は女性を守りつづけます--生涯主治医がいる安心を--」
共催: 日本産科婦人科学会・日本産婦人科医会

趣旨

 日本産科婦人科学会と日本産婦人科医会は、産婦人科医が女性の健康を生涯にわたって総合的に支援することを目指し、3月3日ひな祭りを中心に、3月8日国際女性の日までの8日間を「女性の健康週間」と定め、2005年にその活動を開始しました。2008年からは、厚生労働省も主唱する国民運動として、女性が生涯を通じて健康で明るく、充実した日々を自立して過ごすことを総合的に支援するため、国や地方公共団体、関連団体が一体となり、さまざまな活動を展開しています。

シンボルマーク

 シンボルマークは、WOMANの”W” をモチーフにしました。上部に並べた3つの●は、母娘3代を意味したり、女性の体、頭、そして心の問題も表します。 産婦人科医が、女性の「生涯の健康」を「総合的に」サポートする姿勢をマークにしました。

主な活動内容

  • 女性の健康に関する情報発信のためのイベント、市民公開講座の開催
  • シンボルマークバッジの着用
  • 病院・医院等での『女性の健康週間ポスター』の掲示
  • 新聞等による啓発情報の発信
  • ホームページでの活動紹介、 等

市民公開講座は年間を通して開催されています。詳しくはこちらをご覧下さい。

イベントレポート

イベントレポート一覧

LINK

日本産科婦人科学会HP http://www.jsog.or.jp/

日本産婦人科医会HP http://www.jaog.or.jp/

このページの先頭へ