公益社団法人 日本産科婦人科学会

English
産婦人科専門医
SUB MENU

2021年度の学術集会・研修会等の単位の取り扱いについて

更新日時:2021年4月30日

学術集会・研究会・講習会等の開催者 各位

2021年度の学術集会・研修会等の単位の取り扱いについて

 新型コロナウイルス(COVID-19)蔓延予防のためにWeb開催あるいはハイブリッド形式(会場+Web開催)とした場合の学術集会・研修会等の単位の取り扱いについて、中央専門医制度委員会および理事会で対応策を検討し、当面の間(Webを活用した学術集会や研修会における単位取り扱いについて新たな規則あるいは内規が制定されるまで)下記対応とすることが決定いたしました(既に本会が学会単位、機構単位を承認しているもしくはこれから申請する研修会に限ります)。
 Web開催等の申請を希望される主催者は下記をご参照の上、所定の手続きをお取り下さい。
 

1)開催方法について

・主催者は参加者が実際に動画を閲覧したことを何らかの方法で確認して下さい。確認方法は主催者が決定し、研修会開催申請とは別に以下の申請フォームから開催日の1か月前までに提出して下さい。(開催日1か月以内の申請はお受けできませんのでご注意ください。)なお、確認方法の審査結果は、後日主催者へ通知します。
 

・ハイブリッド開催の場合
 原則として学会開催期間+2日以内の閲覧に限ります。予定されていた会期の期日の変更、期間の変更は妨げません。
 例:学会開催期間が7月21日~23日の場合、単位付与は7月21日~7月25日に閲覧した記録に限ります。

・Web開催の場合
 原則として主催者が定めた学会期間中の閲覧に限ります。ただし、単位を付与できる動画閲覧期間は7日を超えないものとします。予定されていた会期の期日の変更、期間の変更は妨げません。
 例:学会開催期間を7月21日~23日としていたが、Web開催準備のため延期、期間の延長をして 8月1日~7日としても構いません。申請済みの場合は開催前に変更した旨、お知らせ下さい。

2)機構認定受講単位

■共通講習

・動画閲覧による単位取得には「時間が1時間以上」「設問(5問5択)に80%以上正解すること」が必要です。この2つを満たすことの確認は原則的に主催者に行っていただきます。必要に応じて日産婦事務局も確認できる設定をお願いします。

■領域講習

・動画閲覧後の設問を必須としません。閲覧したことを証明する記録(電子的でも紙媒体でも可)を作成して下さい。

・共通講習、領域講習共にe医学会カードで参加・受講登録をした場合と同様の形式にて研修会開催申請システム上で参加者または受講者のデータアップロードをお願いいたします。それ以外の形式での提出は承ることができかねます。データアップロード後に単位付与の追加依頼は不可といたします。

・データアップロードの期限は、開催終了後2週間以内といたします。

・Webを利用した場合、アクセス過多によるサーバーダウンなども懸念されます。
 やむを得ない事情により、動画閲覧期間を延長した場合は、受講記録提出時に理由を添えてお知らせ下さい。

3)学会単位、機構認定参加単位

 参加申し込み+動画閲覧による何らかのコンテンツ閲覧で単位付与を可とします。

・特別措置のため、動画閲覧により講習単位を取得した場合、e-learningの受講回数にはカウントいたしません。特別に動画閲覧でも学会に参加して受講したことと同じ扱いといたします。
 

【申請について】

 WEB開催の申請については、別途ワードデータや別システムで提出いただいておりましたが、2021年4月30日より研修会申請システム(以下URL)にて一本化いたしました。 日本専門医機構の単位申請の登録項目の1つとして動画の確認方法の項目がございますので、以下よりご申請下さい。
なお、2021年4月30日までに既に申請いただいている場合は、従来の形式で審査等しております。

 https://service.gakkai-net.com/seminar_apply/Login.jsp?society_code=2007

以上

2021年4月

公益社団法人 日本産科婦人科学会
理事長 木村  正
中央専門医制度委員会
委員長 八重樫伸生

このページの先頭へ