日本産科婦人科学会
JAPANESEENGLISH
JSOG HOME
学術講演会 刊行物 専門医申請関連
会員専用 login
Home > Reason for your choice > 産科婦人科学会の“取り組み”
Reason for your choice
産科婦人科学会の“取り組み”
ICON

産婦人科医療提供体制の確保と発展のために

2010年6月2日 
海野信也 (日本産科婦人科学会医療改革委員会 委員長)
医療改革委員会設置の目的と平成21年度の活動について 

I. 医療改革委員会 設置の目的:今、わが国の医療体制は大きな変革期にあります。その中でも、私たちが担当している産婦人科領域は、他の分野に先行して危機的状況に直面することになりました。このような危機的状況を打開するために本学会では、その構成員が相互に協力し、多方面にわたる懸命な努力を続けています。2005年には、産婦人科医療の現場を将来にわたって持続可能な状態に変革し、安定的医療提供体制を確保するための方策を検討する目的で、理事長の諮問委員会として「産婦人科医療提供体制検討委員会」が設置されました。(産婦人科医療提供体制検討委員会の活動の詳細については、以下のHPを参照して下さい。http://shusanki.org/theme.html?id=55#55)その活動を継承しつつ、具体的アクションにつなげていくために、2009年理事会内委員会として「医療改革委員会」を組織することになりました。これまでともすれば学会の活動が「医学」の発展を直接の目的とするものに限られてきたのに対し、本委員会では、今医療の現場でおきている課題に正面からとりくんでいくことを任務としています。

II. 医療改革委員会の委員の構成:

海野信也(委員長)、澤倫太郎(副委員長)、高倉 聡(主務幹事)、苛原 稔、  岡井 崇、片渕秀隆、金山尚裕、木村 正、久具宏司、倉智博久、工藤美樹、斎藤 滋、清水幸子、白須和裕、杉浦真弓、中井章人、中林正雄、西井 修、水上尚典、宮崎亮一郎(敬称略)

III. 平成21年度医療改革委員会活動報告:平成21年度の活動の概要を報告します。平成22年度も同様に活動していく予定です。

(ア)2009年6月13日:平成20年度産科医療関連アクションプラン総括 理事会にて承認
http://shusanki.org/theme.html?id=57&pageno=2#57

(イ)2009年6月13日:平成21年度医療改革アクションプラン 理事会にて承認
http://www.jsog.or.jp/news/pdf/20090624_iryokaikaku.pdf

(ウ)2009年6月:第3回大学病院待遇改善状況調査実施→8月に集計を各大学病院に送付

(エ)2009年6月:第2回産婦人科動向 意識調査実施→9月の常務理事会の承認を経て公表。
http://www.jsog.or.jp/news/pdf/20090914_ippan.pdf

(オ)出産育児一時金の直接支払制度問題に係る活動
① 2009年9月25日:厚生労働省「出産育児一時金に関する意見交換会」出席。提出資料2009年9月28日付:「わが国の産科医療」
http://shusanki.org/theme.html?pageno=2
② 2009年9月26日:長妻厚労大臣・足立政務官と面談。提出資料「出産育児一時金の今後の整備について(案)」
③ 2009年9月28日:厚生労働省「出産育児一時金に関する意見交換会」出席。6か月間の一部実施猶予が決定。
④ 2009年9月29日:厚生労働省保険局長通知「出産育児一時金等の医療機関等への直接支払制度実施に当たっての当面の取扱いについて」
http://www.jsog.or.jp/news/pdf/20090929_mhlw.pdf
⑤ 2009年10月16日:日産婦学会理事長名厚生労働大臣宛要望書「出産育児一時金制度の抜本的改革に関する要望書」(2009年10月21日足立政務官に手交)
http://www.jsog.or.jp/news/pdf/20091021_yobo.pdf
⑥ 2010年2月10日:日産婦学会理事長名厚生労働政務官宛要望書「出産育児一時金制度の抜本的改革に関する要望書」吉村理事長より足立政務官に手交。
http://www.jsog.or.jp/news/pdf/20100210_yobo.pdf
⑦ 2010年3月31日:日産婦学会理事長・日産婦医会会長の共同で厚生労働大臣宛要望書「出産育児一時金等の医療機関等への直接支払制度」終了後の抜本的改革に関する要望書」を足立政務官に手交。
http://www.jsog.or.jp/news/pdf/20100331_yobo.pdf

(カ)平成22年度診療報酬改定に係る活動
①2009年6月1日:厚生労働省保険局長宛「産科・周産期医療再建のための平成22年度診療報酬改定に関する要望書」
http://shusanki.org/theme.html?id=59&pageno=2#59
②2009年9月11日:厚生労働省保険局長宛「産科・周産期医療再建のための平成22年度診療報酬改定に関する要望書―優先順位について」
http://shusanki.org/theme.html?id=60&pageno=2#60
③2009年11月6日:中央社会保険医療協議会 診療報酬基本問題小委員会 関係者ヒアリングに出席・意見陳述
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/11/dl/s1106-9a01.pdf
④厚生労働省診療報酬検討ワーキングチームに参加(4回の会議を実施)
⑤個別事項に関しては保険局医療課と折衝。

(キ)平成22年度予算に係る活動
①2009年5月29日:「産科医等確保支援事業の拡充に関する要望書」
http://shusanki.org/theme.html?id=58&pageno=2#58

②個別事項について医政局救急・周産期医療等対策室と折衝。
③2009年11月28日:事業仕分けに関する意見:理解されていなかった診療報酬と補助金の違い-「事業仕分け」に海野信也北里大教授:
http://lohasmedical.jp/news/2009/11/28050904.php

(ク)第1回拡大医療改革委員会の開催
①2010年1月24日:第1回拡大医療改革委員会を開催した。参加者は98名(内報道関係者14名)だった。委員会の動画記録をウェブサイトに掲載した。
http://shusanki.org
②「産婦人科医療改革グランドデザイン2010にむけて」

1.司会:斎藤 滋・澤倫太郎
2.【第一部(午後1時開始予定)】
(1) 挨拶:吉村泰典(日本産科婦人科学会理事長)・宮嵜雅則(厚生労働省雇用均等・児童家庭局母子保健課課長)
(2) 基調講演
 a. 「産婦人科医師の就労状況と未来予想図」中井章人
 b. 「産婦人科医療改革グランドデザイン2010骨子案について」
    海野信也
3.【第二部(午後2時開始予定)】
(1) 各地域からの報告
 a. 「北海道東部地域における産科医療危機への取組」米原利栄
 b. 「Ecology modelとの整合性からみた宮崎県独自の周産期医療体制」  鮫島 浩
 c. 「地域周産期医療施設の集約による安全性の向上」荻田和秀
 d. 「産科医と助産師の役割に関する基本的な考え方」上妻志郎
 e. 「周産期におけるチーム医療の取り組み」久保隆彦
(2) 総合討論

(ケ)「産婦人科医療体制改革グランドデザイン2010」の策定
①2010年1月5日:「産婦人科医療体制改革グランドデザイン2010骨子案ver.1.10」 医療改革委員会委員に送付
②2010年1月8日:「産婦人科医療体制改革グランドデザイン2010骨子案ver.1.20」 医療改革委員会委員に送付
③2010年1月15日:日産婦学会常務理事会に「産婦人科医療体制改革グランドデザイン2010骨子案ver.1.20」を提示。
④2010年1月18日:日産婦学会HPに「産婦人科医療体制改革グランドデザイン2010骨子案ver.1.21」を掲載。パブリックコメント募集開始。
http://www.jsog.or.jp/news/html/announce_20100118.html
⑤2010年1月24日:第1回拡大医療改革委員会に「産婦人科医療体制改革グランドデザイン2010骨子案ver.1.3」を提示。検討。
⑥2010年1月29日:日産婦学会HPに「産婦人科医療体制改革グランドデザイン2010骨子案ver.1.6」を掲載。パブリックコメント募集を継続。
http://www.jsog.or.jp/news/html/announce_20100129.html
⑦2010年2月8日:日産婦学会HPに「産婦人科医療体制改革グランドデザイン2010骨子案ver.1.7」を掲載。パブリックコメント募集を継続。医療改革委員会委員、常務理事会出席者に送付。
http://www.jsog.or.jp/news/html/announce_20100208.html
⑧2010年2月12日:日産婦学会常務理事会に提示。
⑨2010月27日:日産婦学会理事会に提示。
⑩2010年3月1日:日産婦学会HPに「産婦人科医療体制改革グランドデザイン2010骨子案ver.2.0」を掲載。パブリックコメント募集を継続。
http://www.jsog.or.jp/news/html/announce_20100301.html
⑪2010年3月15日:日産婦学会HPに「産婦人科医療体制改革グランドデザイン2010骨子案最終版」を掲載。
http://www.jsog.or.jp/news/pdf/granddesigngist_final.pdf
⑫2010年4月22日:日産婦学会総会で討議の上、「産婦人科医療体制改革グランドデザイン2010骨子案最終版」を承認

このページのトップへ

サイトマップこのサイトについて
© 公益社団法人 日本産科婦人科学会