産婦人科医への扉~君の力が未来になる~ 日本産科婦人科学会若手委員会による産婦人科リクルートのためのホームページ

English

若手委員会とは

”キメ”エピソード~私はこうして科を決めました

若手委員会とは?

日本産科婦人科学会内には産婦人科に関わる様々な問題に対応するための各種委員会が設置されています。そのひとつである産婦人科未来委員会内に2015年夏、若手委員会ができました。

政治だけでなく、産婦人科にも若い力が必要です。
私たち若者には、自分たちの将来を創造する権利と責任があります。
全国から集まった若手委員20名が、産婦人科の未来問題に取り組んでいます。

*若手委員の任期は2年で、毎年夏に公募を行い半数ずつ交替しています。

魅力を伝え、リクルートに直結させる

未来問題の第一は、なんと言っても産婦人科専攻医のリクルート。

臨床・研究・勧誘に第一線で関わる若手世代ならではの目線で、全国の大学・病院の課題を集約し、イベント活動や情報提供を通じて全国の産婦人科リクルートをサポートすることを目的としています。

具体的には、サマースクール、医学生フォーラムといった医学生・研修医の皆さんが直接参加する日産婦イベントの企画・運営の協力や、産婦人科専攻医の横のつながりをサポートするスプリングフォーラム、WATOGへの企画・運営・参加、他にも産婦人科リクルートに関するポスターの作成やアンケート調査など、皆さんの身近なところに働きかけるような活動を行っています。

「産婦人科医の扉~君の力が未来になる」ホームページ オープン!

平成28年12月、若手委員会による産婦人科リクルートのためのホームページとして新たに「産婦人科医の扉~君の力が未来になる」を開設しました。医学生・研修医のみなさんにこれまで以上に産婦人科の魅力を伝え、不安や悩みを解消し、産婦人科への専攻を考えてもらえるような情報・メッセージをHPから発信したいと考えています。

*8年間の魅力発信の軌跡

Reason for your choice

このページの先頭へ