日本産科婦人科学会
JAPANESEENGLISH
JSOG HOME
学術講演会 刊行物 専門医申請関連
会員専用 login
Home > Reason for your choice > 産婦人科サマースクール > 第8回(2014年開催)
Reason for your choice
第8回(2014年開催) in 美ヶ原
第8回 産婦人科サマースクールに参加して
北見 菜々恵 (杏林大学医学部付属病院 研修医2年目)

 BSLで1週間産婦人科を回った際に緊急帝王切開を見学し、先生方の迅速な対応に感動をした覚えがあります。研修医として産婦人科をローテートし、産婦人科への興味が強くなりました。今回先生方のすすめもあり、初めてサマースクールに参加させていただくことになりました。

 初日、大きな会場に少し緊張しましたが、壇上で講演をされる先生方のお話はとてもおもしろく徐々に緊張感がほぐれていきました。続いてグループに分かれての実習です。胎児超音波や腹腔鏡、婦人科悪性腫瘍の病理等、特に腹腔鏡は普段の研修ではなかなか体験できないものでとても興味深かったです。
 腹腔鏡下手術は見学していることが多く、わからないことがありましたが、今回の体験でひとつひとつの動きにテクニックがあり、これほど難しいものだったのかと再認識したと同時に、これができたらすごくかっこいいなと思いました。
 夜は立食パーティでとてもおいしい料理ばかりが並び、いろいろな病院・大学から来ている方々とお話することができました。またその後ホテルのラウンジでは、アドバンスコースの実習がありました。研修中には見ることができなかった吸引・鉗子分娩の体験ができ、教科書を読むだけではわからない手技を身近に感じることができました。
 翌日は講演会が主で、特に男女に分かれての先輩ドクターのお話はとてもおもしろかったです。産婦人科医の日常や勤務状況、女性の医師であれば誰もが心配に思う結婚・出産まで、包み隠さずお話いただけました。

 2日間という短い時間でしたが、とても密度の濃い時間が過ごせました。サマースクールへの参加をすすめてくださった先生方、参加させていただいた先生方、何よりお忙しい中ここまでの準備をされた運営側の先生方に感謝をしたいと思います。
 本当にありがとうございました。


このページのトップへ

サイトマップこのサイトについて
© 公益社団法人 日本産科婦人科学会