日本産科婦人科学会
JAPANESEENGLISH
JSOG HOME
学術講演会 刊行物 専門医申請関連
会員専用 login
Home > Reason for your choice > 産婦人科サマースクール > 第3回 (2009年開催)
Reason for your choice
第3回 (2009年開催) in 美ヶ原
刺激に満ち溢れた二日間
 堂園 渓 (杏林大学医学部付属病院 研修医)

 2009年夏。将来は産婦人科に、と考えている私は期待に胸を高鳴らせ、第三回産婦人科サマースクールに参加させていただきました。二日間という短い時間ではありましたが、内容は非常に密度濃く、期待を大きく上回るものでした。多くのことを感じることが出来、私にとって忘れられない二日間となりました。
 医学部六年生の時に産婦人科に魅せられて以来、産婦人科に進みたいと考え、まっすぐにその道を進んできた私。しかし、研修が始まり、産婦人科で働くことは予想以上に充実していた反面、「様々な科での研修があるのに、早くも自分の目指す道を一つに決めてしまっていいのか」、「そもそも自分は産婦人科に向いているのか」、など、不安を感じてもいました。また、母が産婦人科医であるため、「親が産婦人科だから自分も産婦人科を選んだのか?」と自分自身の中で納得しがたい思いも抱いていました。しかし、二日間の間に、それらの不安や思いは見事に吹き飛ばされてしまいました。
 それは、多くの魅力あるプログラムや、先生方の非常に丁寧な御指導もさることながら、先生方の産婦人科に対する熱意を強く感じることが出来たからです。若手の先生からベテランの先生まで、産婦人科という学問に対して、また産婦人科の未来に対して、非常に熱心であることを随所で感じました。そして、おそらく激務であるにもかかわらず、産婦人科について語る先生方の姿は非常に輝いていらっしゃいました。そんな先生方の姿に大きな刺激を受けたのです。「こんな先生になりたい!」、そう思える先生が何人もいらっしゃいました。そんな素敵な先生方のお陰で、あれやこれやと悩むよりも、今、こんなにも魅力を感じる産婦人科を目指して、とにかく全力で向かっていこうと心から思うことが出来たのです。
 サマースクールでの二日間は、産婦人科の魅力を思う存分、感じさせてくれました。足踏みをしていた私の背中を力強く押してくれました。先生方からいただいた多くの刺激は、私のかけがえのない宝物になることでしょう。それらをしかと胸に刻み、今後の研修に励んでいきたいと考えております。
 素晴らしい企画に参加させていただき、本当に有難うございました。


このページのトップへ

サイトマップこのサイトについて
© 公益社団法人 日本産科婦人科学会