日本産科婦人科学会
JAPANESEENGLISH
JSOG HOME
学術講演会 刊行物 専門医申請関連
会員専用 login
Home > Reason for your choice > 産婦人科サマースクール > 第2回 (2008年開催)
Reason for your choice
第2回 (2008年開催) in 美ヶ原
第2回産婦人科サマースクールに参加して
河見貴子(愛媛大学 6年)

 私は学会のホームページを見たことがなく、サマースクールの存在も知りませんでした。見学していた病院に偶然いらっしゃった先生に、「産婦人科に興味があるなら・・・」とサマースクールのことを勧めていただき、参加するに至りました。
 美ヶ原の会場は広く、参加人数の多さに驚きました。産婦人科医志望者って本当に減っているのだろうか・・・。少しどきどきしながら開会を待ちました。
 講演では現在の産婦人科をとりまく状況がよくわかり、将来を考えさせられるものでした。桑江先生の講演の最後のスライドにあったような、「母性の発現を妨げることなく、医療の質を落とすことなく、継続して仕事に打ち込める」職場。そんな病院が今後増えていくことを願っています。
 実技は、画像診断、エコー、内視鏡の3つで、実習用の部屋には、見たことのない最新のシミュレーターが並んでいました。妊婦へのエコーは大学の実習ではほとんどやらせてもらえなかったので、良い経験になりました。児頭の位置が思ったより低いところにあったこと、経膣エコーの仕組みなど、自分で動かして見てみることではじめて理解することができました。
 画像診断も非常に勉強になったと思います。私は画像診断が苦手だったのですが、チームごとに話合って診断を考えていくのは楽しかったし、自分の不勉強さを思い知ることでいい刺激になったと思います。皆さんの知識の深さにも感心させられました。
 研修医の先生が多く、学生は少数派でしたが、先生方に気軽に話しかけていただき緊張もすぐに解けました。いろいろな地方の先生方とお話しできたことで、視野が広がったと思います。モチベーションも上がり、産婦人科への興味、関心が高まりました。温泉や食事会などの楽しみもあり、あっという間の2日間でした。できればもう1年早く来て、マッチングの参考にしたかったです。今後もこの催しが続いていってほしいと思います。数々のご準備ご指導、本当にありがとうございました。


このページのトップへ

サイトマップこのサイトについて
© 公益社団法人 日本産科婦人科学会