日本産科婦人科学会
JAPANESEENGLISH
JSOG HOME
学術講演会 刊行物 専門医申請関連
会員専用 login

一般のみなさまへ

病気を知ろう:婦人科の病気

更年期障害

どんな治療法がありますか?

 更年期障害の主な原因が卵胞ホルモン(エストロゲン)の減少にあるため、少なくなったホルモンを補う治療法(ホルモン補充療法:HRT)が有効です。卵胞ホルモン(エストロゲン)とともに黄体ホルモンを投与し、月経があったころのホルモン状態に近づける治療法です。エストロゲン単独では子宮体癌のリスクが上昇するため、子宮のある方には黄体ホルモンを投与することで子宮体癌のリスクをゼロにまで減らすことができます。子宮がない方にはエストロゲンのみの投与が選択されます。のぼせ、発汗やほてりなどの症状に効果があるとされています。卵胞ホルモンには様々な形状があり、投与方法も図2のように多様であり個人に合わせて選んでいきます。また、表1のように使用できない場合がありますので、その場合には漢方療法などが行われます。ホルモン補充療法中に不正出血やおなかの張り、乳房緊満感、嘔気などの症状が現れることがあります。症状が強いときには担当医にご相談下さい。また、血栓ができやすかったり、長期投与で乳がんのリスクが若干増加することがあるので、定期的な検査を受けながら治療の5年以上の継続については担当医と相談の上決めることが重要です。

 漢方薬は多くの生薬を組み合わせることにより更年期にみられる女性特有のバランスの乱れを回復させる働きを持ちます。東洋医学では病は気・血・水の乱れで起こるといわれています。三大漢方婦人薬と言われる当帰芍薬散、加味逍遥散、桂枝茯苓丸などが治療に用いられます。当帰芍薬散は水毒によるめまいや冷え症に、加味逍遥散は気逆・気鬱による不眠、イライラ、のぼせに、桂枝茯苓丸は於血によるのぼせ、肩こり、頭痛に効果がみられるとされています。その他症状に合わせて処方を受けられますので担当医にご相談下さい。
 精神的ストレスが中心の症状である場合は向精神薬が使用されます。抗うつ薬では選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)やセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)が副作用が少なく効果も充分観られるため第一選択薬とされています。抗不安剤ではベンゾジアゼピン系の薬が主として使用されます。睡眠薬もベンゾジアゼピン系薬が用いられますが、どういった睡眠障害かによって表2のように使い分けされます。

 いずれ更年期にみられる症状は軽快していきます。つらい時期にしばらくお薬に頼っても良いのではないでしょうか。女性の平均寿命が86歳となった日本では更年期は人生の半ばです。これまでの来し方を振り返りこれからの行く末を想う、とてもいい機会なのかも知れません。

このページのトップへ

サイトマップこのサイトについて
© 公益社団法人 日本産科婦人科学会