HUMAN +女と男のディクショナリー
87/135

流りゅうざん産は約15%の頻ひんど度で生じる、決してまれな現象ではありません。ただし、妊娠年齢が高齢になるにつれ、また過去の流産回数が多くなるにつれて、流産率は高くなります。たまたま1回流産した人は、ほとんどが偶発的なできごとで、心配はありません。心の落ち込みが回復したら、次回の妊娠を計画してください。◎ 不育症の可能性があるとき2回以上の流産(妊娠22週まで)、もしくは死産(妊娠22週以降)を繰り返す場合、不ふいくしょう育症と定義され、なんらかの要因があるために流産や死産を生じていることが考えられますので、産婦人科への受診をおすすめします。日本には約2~3万人の不育症患者がいると推定されます。決してめずらしくありません。表に示している種々のリスク因いんし子の関与が考えられますので、検査を受けていただきたいと思います。なんらかのリスク因子が判明すれば、それぞれに対する治療を受けてください。検査をしても約65%の人には、何の異常も見つかりません。これらの人には、特段の治療は必要ありません。無治療でも次回妊娠時には、良好な結果が得られています。ただし、家族や医療スタッフによる精神的支援は生児獲得率(子どもを持てる確率)を上昇させることが、国内外から報告されていますので、妊娠する前、妊娠してからの周囲の配慮や支援も必要です。全国に不育症相談窓口が開設されていますので、お近くの市町村にお尋ねください。また、不育症の治療等に関する情報については、「反復・習慣流産(いわゆる「不育症」)の相談対応マニュアル2012」にくわしく掲載されていますので、ぜひ参考にしてください。85【不育症のリスク因子と治療法】リスク因子頻度検査法治療法子宮形態異常7.8%3次元超音波子宮卵管造影中隔子宮で重篤な場合は手術療法。専門医でくわしいことを尋ねてください染色体構造異常4.6%血液検査(夫婦で)カウンセリング、流産回数は多いですが、最終的に80%以上で子どもを得ることができます甲状腺異常6.8%血液検査内科受診し、治療抗リン脂質抗体陽性10.2%血液検査2回とも陽性 :ヘパリン+低用量アスピリン療法1回のみ陽性 :低用量アスピリンの投与を考慮プロテインS欠乏症7.4%血液検査妊娠10週までの流産 :低用量アスピリン療法を考慮妊娠10週以降の流死産:ヘパリン+低用量アスピリン療法を考慮XII因子欠乏症7.2%血液検査低用量アスピリン療法を考慮原因不明/偶発的65.3%すべての検査で陰性カウンセリング、テンダーラビングケア(精神的支援)。次回妊娠に対して前向きな気持ちになること頻度は、厚生労働研究「不育症治療に関する再評価と新たなる治療法の開発に関する研究班」による12流産を繰り返す(不育症)富山大学医学薬学研究部 齋藤 滋Doctorhttp://www.jaog.or.jp/all/document/fuiku_2012.pdf反復・習慣流産の相談対応マニュアル思 春 期青 年 期将来の妊娠のために妊娠・出産中 高 年 期

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です