HUMAN +女と男のディクショナリー
82/135

わが国の分ぶんべん娩は、病院(ベッドが20以上ある医療機関)と診療所(小規模なクリニック)で、ほぼ半数ずつ請け負っています。産科医不足や分娩施設の減少の中、医療施設の役割分担や連携が重要になっています。このため、妊娠のリスク評価を行い、ハイリスク妊娠は周しゅうさんき産期センターへ分娩を集約化することが大切となります。妊婦さん自身がリスクを判断するには、妊娠リスク自己評価表が便利です。妊娠初期の18項目と、妊娠後半期の11項目の、29項目について点数化し、妊娠リスクを評価します。0~1点は「大きな問題はありません」、2~3点は「周産期センターと連携している施設での妊婦健診・分娩」、4点以上は「ハイリスク妊娠に対応可能な病院での管理」をすすめるものです。◎ 婦人科外来クリニック・産婦人科医院・助産所医療施設には、ベッド数20床しょう以上の施設(病院)、19床以下の有ゆうしょう床診療所(医院、診療所、クリニック)、外来だけの無むしょう床診療所、助産所があります。小規模の施設では医師がひとりのところも多く、急変時には高次施設へ搬送になることもあります。分娩を取り扱っていない施設では、すぐに、もしくは妊娠後半に分娩施設に紹介になります。◎ 総合周産期センター・地域周産期センター最新の医療設備がありスタッフも豊富なので、ハイリスク妊娠・分娩管理に向いています。内科疾しっかん患を持つ妊婦さんも、他科の医師との連携ができます。NICU(新生児集中治療室)が設置され、早産や低出生体重児の管理も可能です。ただし、ハイリスク分娩を優先するため、受け入れ条件があることもあります。80妊娠初期妊娠後半期□ 40歳以上□ 体重100kg以上□ 15歳以下、35~39歳□ 身長150㎝未満□ BMI25以上□ 初産婦□ 高血圧:投薬中□ 糖尿病:薬物療法中□ 抗リン脂質抗体症候群□ 慢性腎炎□ 気管支喘息□ SLE□ 重症妊娠高血圧症候群既往□ 早剥既往□ 早産既往□ 死産・新生児死亡既往□ 胎児発育不全既往□ 帝王切開既往551111555222552222□ 感作されたRH(-)□ MD双胎、3胎以上□ 糖尿病:インスリン療法中□ 重症妊娠高血圧症候群□ 羊水過多□ 前回帝切+前置胎盤□ ART妊娠□ 性感染症□ DD双胎□ 切迫早産□ 前期破水□ 羊水過少□ 前置胎盤□ 胎児発育不全□ 骨盤位厚生労働科学研究「産科領域における安全対策に関する研究」(主任研究者:中林正雄)555555222222222【妊娠リスク自己評価表】7Doctor自分のリスクを知って産院を選ぼう順天堂大学産婦人科 牧野真太郎・竹田 省第四章 〜妊娠・出産〜

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です