HUMAN +女と男のディクショナリー
68/135

◎ 生殖補助医療の種類タイミング法や人工授精、卵管の治療など、一般の不妊治療で妊娠に至らない場合に、卵子・精子を体外で受精発育させたのち、子宮に戻す治療方法で妊娠を試みることがあります。この治療法を生せいしょくほじょいりょう殖補助医療といいます。現在この治療法は「体外受精」「顕けんびじゅせい微授精」「凍とうけつゆうかいはいいしょく結融解胚移植」の3つに分け治療統計が作成されていますが、これらは、一連の治療です。体外受精で受精した胚がたくさんある場合には、いくつかの胚(受精卵)を凍結保存し、妊娠出産を希望した時期に融解し子宮内に戻すのが凍結融解胚移植法です。体外受精では洗浄した精子を卵子の周りに振りかけるだけで受精を促しますが、精子の数がとても少ない人には、卵子の中まで精子を注入する方法を用いて、精子と卵子を合わせます。これを顕微授精といいます。精子は基本的には男性が自分の手で採取した精液を洗浄して用いますが、精液中に精子がいない場合、この方法は使えません。精巣にはわずかながら精子がいる場合があり、この精子を手術で取りだし「顕微鏡下精巣精子採取法卵子」に顕微授精する方法もあります。治療は複雑なので、パートナーとふたりで受診し、よく説明を聞くことをおすすめします。◎ 治療の流れ最初に、妊娠を希望している女性にホルモン剤を用いて卵らんぽう胞刺激を行い、複数個の卵胞(卵子を含む袋)を発育させます。発育してくる卵胞数は個人によって差がありますが、一般に年齢が若い人ほど、数が多く育ちます。数を少なく育てようとする考え方もあります。卵胞が十分大きくなったら、採卵します。経けいちつ腟超音波診断装置を用いて、腟ちつから卵巣にある卵胞に針を刺して採卵します。男性が採取した精子を洗浄した後、採卵された卵子といっしょに合わせます。採取された精子が少ない場合は顕微授精法で、精子と卵子を合わせます。翌日(1日目)は受精を確認します。卵細胞質内に2つの前ぜんかく核(ひとつは精子から、もうひとつは卵子からの遺伝情報を含みます)が確認できれば、これを正常受精卵と判断します。受精卵はさらに培ばいよう養され、2日目には4細胞、3日目8細胞、4日目桑そうじつはい実胚、5日目胚はいばんほう盤胞に発育します。これらのどの時期でも子宮内に移植できます。5日目の胚盤胞期胚の移植を胚盤胞移植と呼びます。移植する数は原則1個と決まっていて、残りは凍結保存します。1個移植を何回繰り返しても妊娠しない場合は、最大2個移植する場合があります。移植後の黄体期にはホルモンを補充を行います。採卵日から数えて14日以降も月経が再開しない場合は妊娠反応を測定し、妊娠しているかを確かめます。668第三章 〜将来の妊娠のために~生殖補助医療~進歩した不妊治療国立成育医療研究センター周産期・母性診療センター 齊藤英和Doctor

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です