HUMAN +女と男のディクショナリー
5/135

 「Human+」は、思春期、青年期、将来の妊娠のために、妊娠出産、中高年期にわけて構成しています。まず、今の自分が当てはまる時期の項目をお読みいただき、若い方には次いで今後自分が経験する年代の項目をお読みいただきたいと思います。そして、後で知らなかったと後悔しないような人生設計をたてるのに役立ててほしいと思っています。 この手帳を手にされた女性は、まず母子手帳を見たり、親に聞いて最後の記載欄をうめてください。そしてこれを、自分の健康管理手帳として、医療機関受診時には常に持参するようにしてほしいと思います。また、お読みいただいた項目で気になることがあれば、気兼ねなく早めに近くの産婦人科医を受診されることをおすすめします。そして若いときから、「かかりつけ医」、「My 産婦人科医」をつくっていただき、ことあるごとに相談し、健康で豊かな一生を過ごしてほしいと祈念しています。  最後に、刊行に当たりお忙しい中、執筆いただいた多くの産婦人科の先生、また関連項目を執筆いただいた泌尿器科の先生および関係諸氏に深く感謝いたします。また、本手帳は日本産科婦人科学会とハーゼスト株式会社、株式会社リクルートライフスタイルとの協力のもと完成したものであり、関係諸氏の絶大なる協力に感謝いたします。 日本産科婦人科学会では、本手帳を手にされた方からのアンケートをもとに、改訂を重ねていく予定であり、この手帳が国民に広く浸透し、国民手帳に育っていくことを祈念しています。また、本手帳の内容は日本産科婦人科学会のホームページでも公開しますので、多くの仲間に知らせていただき、ご活用ください。2014年9月公益社団法人 日本産科婦人科学会理事長 小西郁生 未来ビジョン委員会委員長 平松祐司3

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です