HUMAN +女と男のディクショナリー
35/135

低用量ピルは避ひにん妊のための薬剤で、正しく内ないふく服すると99%以上の避妊効果があり、コンドームなどほかの避妊法よりも確実なことがわかっています。低用量ピルは保険適用外ですが、避妊効果以外にも月経痛の改善を目的として保険適用された薬剤が最近使用できるようになっています。◎ 避妊だけじゃない。ピルのいいところ!避妊や月経痛改善以外のメリットとして、月経量減少や月経前症しょうこうぐん候群の症状改善、ニキビや多たもうしょう毛症の改善、骨こつみつど密度上昇などや卵らんそう巣がん、結けっちょう腸がん、子しきゅうないまく宮内膜がんの発はっしょう症を抑よくせい制することもわかっています。また、月経の時期を1日単位で自分でコントロールできるのも、ピルの大きなメリットです。受験や部活の大会などのとき、月経前や月経中の不調で自分の実力を発揮できない人は、月経日を動かせるピルは大きな味方になってくれます。「将来、妊娠できなくなるんじゃないか…?」と心配する人もいますが、むしろ子しきゅう宮を休めることで、ピルをやめた後の妊娠率が上がるというデータもでています。◎ リスク、副作用は怖くない?一方で、低用量ピルの一般的な副ふくさよう作用として吐はき気け、頭痛、不正出血などがありますが、これらのマイナートラブルは大半の場合、最初だけで、飲み続けたら消えるものです。重じゅうとく篤な副作用のひとつに静じょうみゃくけっせんそくせんしょう脈血栓塞栓症があります。低用量ピル服用女性の静脈血栓塞栓症の頻ひんど度は、わずかですが増加するといわれています。静脈血栓塞栓症の症状としては、激しい頭痛、急に目が見えにくくなったとかしゃべりにくくなった、激しい腹痛、下しし肢のむくみや痛みなどがあります。低用量ピルを服用中に症状がでた場合は、必ず処しょほうい方医に相談してください。早期に診断して治療すると、重症化しないこともわかっています。静脈血栓塞栓症は低用量ピルの内服を開始してから3カ月以内がもっとも多いことや、肥ひまん満、喫きつえん煙、高齢女性の場合にそのリスクが上昇することもわかっており、注意が必要です。また、高血圧や喫煙は心しんきんこうそく筋梗塞のリスクを、偏へんずつう頭痛や高血圧は脳のうそっちゅう卒中のリスクを上昇させることがわかっているので、内服前の禁煙指導や血圧の管理が必要です。このように低用量ピルにはデメリットもありますが、メリットのほうが多いことから世界的にも広く使用されていますし、低用量ピルを内服している女性はしていない女性と比較して全体の死亡率が低いということもわかっています。ピルは処しょほうせん方箋がないと買えないので、まず産婦人科医に相談してみましょう。33思 春 期青 年 期将来の妊娠のために妊娠・出産中 高 年 期16女性の味方 ピル(経口避妊薬)愛知医科大学産婦人科学講座 若槻明彦Doctor

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です