HUMAN +女と男のディクショナリー
23/135

21やせ、肥ひまん満はBMI(体重(kg) ÷ 身長 (m))で判定し、BMI<18.5が「やせ」、BMI≧25.0が「肥満」と定義されます。食生活の欧米化によりわが国でも、現在、全人口の19.4%が肥満だとされています。一方で、美容やダイエットによる過度な食事制限により、特に10~30歳代にやせすぎの女性も増加しています。やせは全人口の11.4%で、前年に比べると20代では21.8%と下げどまり、30歳代は17.1%と増加傾向にあります。肥満もやせも、性機能や妊娠に大きな影響を与えるので注意が必要です。◎ 肥満肥満の63%に無月経、稀きはつ発月経、過少月経がおこります。卵らんそう巣からの女性ホルモンだけでなく、副ふくじん腎や脂しぼう肪組織からの男性および女性ホルモンの異常産生・分ぶんぴつ泌が加わることで、月経不順・排はいらん卵障害となり、不ふにんしょう妊症の原因にもなります。また、女性ホルモンが長期間持続的に作用すると、子しきゅうないまく宮内膜が異常に増ぞうしょく殖し、不正出血や子宮体がんも多くなります。妊娠中や分ぶんべん娩に際しても、リスクが大きくなります。◎ やせダイエットや運動などで体脂肪率が22%以下になってくると月経不順、月経異常がおこりやすくなります。精神的・心因的因子によるやせでは、卵らんそう巣ホルモン以外のホルモンにも異常がおよび、しばしば無月経になります。体重が5kg以上あるいは10%以上の減少、体脂肪率が17%以下になると、体重減少性無月経に陥ることが知られています。また、女性ホルモンの分泌減少は骨にも影響し、骨塩量が減少することにより、骨折が多くなります。近年、やせた妊婦さんが増え、低体重の赤ちゃんが増えていることも問題となっています(82ページ、92ページ参照)。思春期にやせにより月経異常や摂食障害(35ページ参照)を起こした妊婦さんは、妊娠や出産に問題を抱えることが多いのです。思春期は、一生つき合っていく自分のからだをつくる大切な時期です。しっかり食べて、運動して、健康なからだを作っていきましょう。思 春 期青 年 期将来の妊娠のために妊娠・出産中 高 年 期8やせすぎ、肥満の女性への影響順天堂大学産婦人科 平井千裕・竹田 省DoctorBMI = 体重 ÷ (身長 × 身長)2体重はkgで身長はmで計算するやせ肥満18.525.0BMI

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です