HUMAN +女と男のディクショナリー
20/135

十代の男の子が気にするのは、自分のニキビ、体たいしゅう臭、そして汗あせくさ臭さです。どういうしくみで発生するのか、どのように対処すればいいのか、みてみましょう。◎ ニキビってなんでできるの?小学校の高学年の頃から、額の毛けあな孔が閉へいそく塞して、小さい丘きゅうしん疹ができます。これを面めんぼうといいます。面ぼうは炎症がない状態ですが、汗をかいたり触ったりひっかいたりすると、炎症性のざそうになります。これをニキビと呼ぶことが多いのです。繰り返すことでおきる色しきそちんちゃく素沈着や、陥かんぼつ没したような穴(瘢はんこん痕)は、顔面だけでなく、首、胸、背中などにみられることもあります。ニキビにまつわることで悩んでいる人は少なくありません。原因は体質的なことが多く、油分の多い食事やストレスなども重なっていると考えられています。また、シーツや枕カバーなどが不潔だったり、ニキビダニなど、環境によることもあります。入浴や洗髪を心がけて、治らない場合は自己判断で治療薬を使うのではなく、皮膚科での診察を受けたほうがいいでしょう。◎ 体臭が気になる…人の体臭で気になるのは、まずは「足」のにおいです。手のひらや足の裏は体温を調節するところです。暑いと汗がでて、熱を放出するしくみです。手のひらはハンカチで拭いたり洗ったりしやすいのですが、足はこまめに洗えませんから、においが気になりやすいのです。入浴したとき、石せっけん鹸で足の指の間や爪の間をよく洗いましょう。爪が長いと、雑ざっきん菌が住み着いてしまうので、短く切ってください。裸はだし足で靴くつを履いたり、窮屈な靴を履くと汗をかきやすくなるので、通気性のいい靴下や靴を選ぶのがいいでしょう。◎ 汗臭さの正体は?次に気になるのは「汗臭さ」です。汗は、エクリン腺せんとアポクリン腺という2つの汗かんせん腺からでますが、体温が上がり血液中の水分が汗腺に送られるときに、ミネラルもいっしょに送り込まれます。エクリン腺はミネラルを再吸収して、血液に戻します。このときの汗はサラサラしていて、においも強くありません。からだが疲れているときや寝不足のときは、汗のサイクルがうまく機能せずに、ミネラルが再吸収されないため、ベタベタした汗になります。蒸発しにくく、細菌が繁殖しやすく、においも強くなります。普段から冷房などを使い過ぎず、汗をかく習慣をつけることも、汗臭さの予防になります。185Teacher男子のからだ、みんなが気になること『季刊セクシュアリティ』 金子由美子第一章 〜思春期〜

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です