HUMAN +女と男のディクショナリー
111/135

109国民の2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで亡くなるという日本。中でも日本人男性に多いがんは、どんなものでしょうか。◎ 男性に多いがんは、胃がん・肺がん・大腸がん・前立腺がん日本人男性に多いがんは、どのようなものでしょう? 肺がんのり患率と死亡率は40歳代後半から増加しはじめ、高齢になるほど高くなります。肺がんのり患率、死亡率は男性のほうが女性より高く、女性の3~4倍にのぼります。胃がん死亡率の年次推移は1960年代から男女とも大幅な減少傾向にありますが、り患率と死亡率は男性のほうが女性より高く、40歳以降にその差が開いています。大腸がん(結腸・直腸・肛門がん)のり患率は、50歳代くらいから増加し始め、高齢になるほど高くなります。大腸がんのり患率、死亡率はともに男性のほうが女性の約2倍と高くなっています。肝臓がんやすい臓がんは有効な検診が確立していない疾しっかん患です。前ぜんりつせん立腺がんは60歳代後半から増加し、り患率は1975年以降増加していますが、その理由のひとつはPSA検査という血液検査で発見されやすくなったためだと考えられています。◎ がんを防ぐための新12か条がんは生活習慣や生活環境の見直しにより、ある程度予防できることもわかってきました。男性にも女性にも知っていただきたい、がんの予防のために大変に重要な項目をご紹介します。思 春 期青 年 期将来の妊娠のために妊娠・出産中 高 年 期 1. たばこは吸わない 2. 他人のたばこの煙をできるだけ避ける 3. お酒はほほどほどに 4. バランスのとれた食生活を 5. 塩辛い食品は控えめに 6. 野菜や果物は豊富に 7. 適度に運動 8. 適切な体重維持 9. ウイルスや細菌の感染予防と治療10. 定期的ながん検診を11. からだの異常に気がついたら、すぐに受診を12. 正しいがん情報でがんを知ることから9男性に多いがんとがん予防横浜市立大学医学部がん総合医科学 宮城悦子Doctorhttp://www.fpcr.or.jp/pdf/12kajou.pdf財団法人がん研究振興財団作成パンフレット1位2位3位4位5位り患数(2010年)胃肺大腸前立腺肝臓死亡数(2012年)肺胃大腸肝臓すい臓【日本人男性に多いがん】国立がん研究センターがん対策情報センター「がん情報サービス」ホームページより

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です