HUMAN +女と男のディクショナリー
104/135

女性は成長にともない、卵巣からエストロゲンという女性ホルモンを分ぶんぴつ泌するようになり、月経が始まります。その後、20~30歳代に向けてエストロゲン分泌はさらに活発になりますが、40歳を超える頃から、じょじょに卵巣の働きは衰え始め、エストロゲン分泌も低下しはじめます。そして、最終的に50歳頃には、月経のなくなる閉へいけい経を迎えることになります。更こうねんき年期とは、閉経の前後約5年間を指すといわれており、平均的には45~55歳にあたります。◎ 更年期障害、どんな症状がでるの?更年期の時期に下記のような症状を自覚する場合、更年期障害といいます。 ・ 顔がほてる、汗をかきやすい、腰や手足が冷えやすいなどの血管運動 神経症状 ・ 息切れや動どうき悸がする、寝つきが悪い・眠りが浅い、怒りやすくイラ イラするなどの精神神経症状 ・ 疲れやすい、肩こり、腰痛、手足の痛みなどの運動神経症状これらの症状は更年期障害に特徴的な症状ばかりではありません。たとえば神経症、うつ病、統合失調症など精神科疾しっかん患の症状と似ていることがあり、どちらか判断するために、精神科や心療内科の受診が必要な場合もあります。また、更年期になると甲こうじょうせんしっかん状腺疾患がでることが多くなります。甲状腺の機きのうこうしんしょう能亢進症や低下症の場合は、どちらも更年期障害と似た症状を呈ていすることがありますが、血液検査で原因が明らかになります。更年期障害の程度には個人差がかなりありますが、一生続くことはなく、閉経後ある一定の年数を経過すると沈静化することがわかっています。更年期障害は更年期の時期に低下するエストロゲンが主な原因であるといわれています。全ての女性が同じ症状を自覚することはありません。個人の環境や性格の違いなどが大きく影響することがわかっています。しかし、エストロゲンを中心としたホルモン環境の乱れが大きな要因ですので、「更年期障害かな?」と思ったら、一度産婦人科を受診する必要があります。1023第五章 ~中高年期~女性の更年期で大切なこと愛知医科大学産婦人科学講座 若槻明彦Doctor

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です