HUMAN +女と男のディクショナリー
10/135

8監修/女性クリニックWe! TOYAMA 種部恭子1501005000(歳)2040(pg/ml)エストロゲン月経のリズムなど、自分のからだを知ることが大事です。たとえば、月経前に体調が悪くなったりイライラしたりする月経前症候群(16ページ参照)は、月経周期にともなって女性ホルモンの量が上下することからおこる現象。自分のからだのリズムを知ることで、対人関係もうまくこなせるようになります。今、自分のからだを大切にすることが、将来、ずっと元気でキレイでいられるためにとても大事です。無理なダイエットは骨を弱めるので、避けて。若いうちから健康に投資を!思春期の女性へひと昔前なら「おばさん」と呼ばれていた30~40代の女性が、若々しく、キレイになりました。しかし、女性のからだの中で、卵子が歳をとり、減少していくことは、生物としてとめられない現実なのです(62ページ参照)。未来の妊娠の可能性のために、20代で女性のからだやホルモンに関する知識を持つことは、非常に大切です。自分にとっての「産みどき」は、生物としての「産みどき」とは限りません。そして、産む・産まないに関わらず、女性は女性。健康を育てておいて損はありません。「卵子の老化」は事実です青年期の女性へ産むかどうかに関係なく、知っておいてほしい「女性」の話 思春期  青年期(性成熟期) 月経の周期でエストロゲンの量が変動する

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です