日本産科婦人科学会
JAPANESEENGLISH
JSOG HOME
学術講演会 刊行物 専門医申請関連
会員専用 login
Home > お知らせ(高難度新規医療技術導入について)

お知らせ

会員各位

高難度新規医療技術導入について


日本医学会では、平成28年11月10日に「高難度新規医療技術導入における基本的な考え方」を取りまとめました。

それを受けて、日本産科婦人科学会では、産婦人科の高難度新規医療技術として、以下の6つの医療技術を挙げることとしましたので、お知らせします。

なお、この高難度新規医療技術については、「高難度新規医療技術導入における基本的な考え方」に沿ってご対応いただけますよう、よろしくお願いします。

 (ご参考)日本医学会のホームページ
  http://jams.med.or.jp/news/043.html

平成29年3月13日

公益社団法人 日本産科婦人科学会
理事長 藤 井 知 行



[産婦人科の高難度新規医療技術]

○婦人科腫瘍領域
 1)広汎子宮頸部摘出術
 2)腹腔鏡下悪性腫瘍手術(頸癌)
 3)腹腔鏡下傍大動脈リンパ節郭清術
 4)ロボット支援子宮悪性腫瘍手術

○周産期領域
 1)無心体双胎に対するラジオ波凝固術
 2)Ex-utero Intrapartum Treatment (EXIT)

このページのトップへ

サイトマップこのサイトについて
© 公益社団法人 日本産科婦人科学会