日本産科婦人科学会
JAPANESEENGLISH
JSOG HOME
学術講演会 刊行物 専門医申請関連
会員専用 login
Home > 厚生労働省通知についての本会説明

厚生労働省通知「先天性風しん症候群の発生予防等を含む風しん対策の一層の徹底について」の本会の説明

厚生労働省結核感染症課から通知があり、その要点をまとめました。
1.CRSが昨年5人、今年すでに1人発生しました。(極めて重大な問題です)
2.昨年は風疹がこの5年間で最大の流行をみせており、さらに今年は昨年の9倍、しかもその患者の8割が男性です。
3.CRS発生経路からみて夫からが多いです。したがって、夫へのワクチン接種が予防対策としては最善です。
4.もちろん、対象妊婦は風疹HI抗体陰性あるいは16倍以下です。(今回の通知ではHI法ができない地域があるために低抗体価の数値を明示できませんでした。)
5.4の妊婦は産後にワクチン接種を行います。
6.CRSは届出感染症であることを小児科医で再確認します。(知らない小児科医がいます)
7.この数年の風疹流行の発端は、風疹抗体未保有の20代-40代男性が風疹予防策を行っていない風疹流行地区(インド、ベトナム、フィリッピン、パプアニューギニアなど)に旅行あるいは出張して風疹感染し、帰国後同僚、家族に感染し流行となっています。したがって、このような地域に渡航する前に風疹ワクチンを接種します。

平成25年2月1日
公益社団法人日本産科婦人科学会

このページのトップへ

サイトマップこのサイトについて
© 公益社団法人 日本産科婦人科学会