日本産科婦人科学会
JAPANESEENGLISH
JSOG HOME
学術講演会 刊行物 専門医申請関連
会員専用 login
Home > お知らせ

お知らせ

新型インフルエンザ(H1N1)感染妊婦に関する最新情報

1. 妊婦は重症化しやすいことが明らかとなった。Lancet (7月29日on line, Doi: 10.1016/S0140-6736(09)61304-0)によれば、米国疾病予防局(Center for Disease Control)は2009年4月5日~5月18日間に新型インフルエンザ感染が確認された、あるいはその可能性が高い34名の妊婦を米国13州で確認した。11名(32%)が入院したが、要入院率は一般母集団に比して高かった(人口10万人あたり0.32対0.036)。また、4月15日~6月16日間に妊婦死亡6名がCDCに報告された。これら妊婦はいずれも肺炎とARDSを合併し人工呼吸管理を必要とした妊婦である。同論文は結論として、以下のように述べている。これらのデータは「妊婦が新型インフルエンザに感染すると重症化(肺炎等を合併しやすい)しやすい」ことを支持しているので、「現在の推奨(新型インフルエンザ感染妊婦に対しては遅滞なく抗インフルエンザ薬での治療開始)を支持」している。

2. WHOは2009年7月31日に以下の勧告を行なった。

1)H1N1が流行している地域の妊婦ならびに、これらに対応する医師は、妊婦のインフルエンザ様症状(発熱、咳、咽頭痛等)に注意すべきである。

2)H1N1感染が疑われる妊婦には、確認検査結果を待つ事なく速やかにタミフルを投与すべきである。症状発現後48時間以内の投与開始で最大限の効果(死亡原因となりやすい肺炎の予防や、軽症化による入院率の低下)が得られるが、それ以降の投与開始でも効果が得られる可能性がある。

3)今後利用可能となるワクチン接種に関して、妊婦は優先的順位が与えられるべきである。


平成21年8月3日
社団法人 日本産科婦人科学会

 

 なお、当該報告等を踏まえ、新型インフルエンザに係る本学会の一般の方対象のQ&A 及び医療関係者向けのQ&Aの一部改訂を一両日中に行います。状況の変化を受け、更な るQ&Aの改定の可能性もありますので、本学会のホームページ及び厚生労働省の新型 インフルエンザに関わるホームページの最新情報を注視願います。

このページのトップへ

サイトマップこのサイトについて
© 公益社団法人 日本産科婦人科学会