公益社団法人 日本産科婦人科学会

English
会員の皆様へお知らせ
SUB MENU

第3回 Plus One Project 若手指導医募集のお知らせ

更新日時:2019年1月16日

受付は終了しました。
多くの皆様ならびに施設のご協力を感謝申し上げます。
 

若手指導医募集のお知らせ

第3回 Plus One Project

 第3回 Plus One Projectハンズオンセミナー(POP2セミナー)の若手指導医を募集します。指導経験が無くても可能です(指導者のための指導の機会がもうけられています)ので、未経験者の方も安心してご応募下さい。
 POP2は、初期臨床研修医2年生のリクルートを目的に産科婦人科学会と医会が開催するハンズオンセミナーです。若手の先生方(50名)に指導医として、全国から参加する初期臨床研修医(150名)に実技指導をしていただきます。指導医1名につき研修医1名分の参加推薦枠がありますので、自施設のリクルートにご活用下さい。また、ハンズオンセミナーの開催のノウハウを学ぶ機会としても役立ちます。さらに、若手指導医同士の情報収集や交流の場にもなっています。

日時

2019年5月11日(土)10時 ~ 12日(日)14時

場所

フクラシア東京ステーション(東京都千代田区大手町2-6-1 朝日生命大手町ビル5F,6F)

プログラム内容

第1日目 4実習(分娩・超音波・腹腔鏡・救急)のうち1つ指導、不安払拭企画、懇親会
第2日目 6実習(超音波・腹腔鏡・産科外科手技・新生児蘇生・生殖補助・病理)のうち1つ指導、不安払拭企画

指導医募集人数

50名(産婦人科専門医を取得している卒後6~10年目前後の若手医師)

主な業務

上記実習の実技指導、不安払拭企画でのファシリテーターなど

指導医応募のメリット

1)指導医1名につき初期研修医1名帯同の優先参加枠を設けています。
2)自施設のリクルートおよび各地域での産婦人科セミナー開催のノウハウを得ることが可能です。
3)全国の産婦人科医同士のネットワークづくりが可能です。

募集期間

2019年1月15日(火)~2月15日(金) ※2月15日学会事務局必着
募集期間延長いたしました。
締切:2019年3月末日(学会事務局必着)
※ただし、定員に達し次第、募集を締め切らせていただきますことをご了承ください。

応募方法

応募用紙を学会事務局にFAXまたはメールにて提出
※ 応募用紙を受領後、一両日中に担当者より受領通知のメールをお送りしますので必ずご確認ください。

注意事項

1)指導医の先生方には無償でセミナーにご参加いただき、交通費や宿泊費などの支給はありません。
2)参加が決定した指導医の先生方は、2019年4月の日本産科婦人科学会学術講演会(名古屋)の際、事前ミーティングに出席していただく予定です。
3)本セミナーは全国の産婦人科専攻医を増やすことを目的としています。参加者の質問に答える形で自施設の紹介を行うことは禁止しませんが、引抜きのような自主的な勧誘は禁止されています。

募集ポスター
申込用紙

このページの先頭へ