公益社団法人 日本産科婦人科学会

English
会員の皆様へお知らせ
SUB MENU

日本産科婦人科学会雑誌 2 月号発刊形態につきまして

更新日時:2018年12月10日

日本産科婦人科学会 会員各位
 

日本産科婦人科学会雑誌 2 月号発刊形態につきまして
 

日本産科婦人科学会雑誌(以下、和文機関誌)2 月号につきましては、学術講演会抄録掲載号として、学術講演会に関する案内・プログラム・索引一覧・抄録を掲載してまいりましたが、昨今の担当校による企画の多様化、一般演題投稿数の増加などを受けまして、毎年増頁の傾向となっております。
学会としましても対策として電子化を推進し、JSOGアプリを作成致しました。第70回学術講演会で同アプリをご利用いただきました先生にはご高承のこととは存じますが、大変見やすく使いやすいものとなっております。また、JSOGアプリのご利用により、重い抄録集をお持ちいただく必要もなくなります。

編集担当理事会と致しまして、送料や印刷費などの経費の削減ならびに増頁による環境への影響などに配慮し、2019 年より和文機関誌 2 月号につきまして、下記の発行形態としたく理事会に答申し承認を得ましたので会員の皆様にお知らせいたします。

  1. 冊子体としては案内・プログラム・索引一覧を会員に送付する。
  2. 抄録部分については、学会ホームページ(PDF形式でダウンロード可能)とアプリで公開する(学術集会終了後も過去も含めて抄録集は学会ホームページで閲覧可能)。
  3. 抄録部分も冊子体で希望される会員には、送料の自己負担をお願いし送付する。

会員の皆様におかれましては、利便性や経済面ならびに環境に配慮した決定につき、ご賢察賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

2018年12月8日
公益社団法人日本産科婦人科学会
理事長 藤井 知行
編集担当常務理事 加藤 聖子

このページの先頭へ