公益社団法人 日本産科婦人科学会

English
一般の皆様へお知らせ
SUB MENU

日本産科婦人科学会・日本歯科医師会が「妊産婦への予防歯科」普及のため連携しました。

更新日時:2019年9月25日

妊産婦向けアプリ“Babyプラス”で予防歯科情報サービス開始

 公益社団法人日本産科婦人科学会は、公益社団法人日本歯科医師会(会長・堀 憲郎)と、「妊産婦への予防歯科」の普及に向けた連携を推進するため、2019年1月に覚書を調印いたしました。
 近年、歯周病に罹患した妊婦は早産および低体重児出産へのリスクの増大が指摘されるなど、妊娠期におけるオーラルケアの重要性については、歯科・産科婦人科の双方から関心が高まっています。
 この度、本連携の取組として、日本産科婦人科学会が監修する妊産婦向けアプリ「Babyプラス」上に、ライオン株式会社(代表取締役社長・掬川 正純)の協力のもと日本歯科医師会が監修した「予防歯科」情報を掲載した「予防歯科ガイド」のサービスを開始いたします。
 本取組により、妊娠・出産期の体のケアへの意識が高まるライフステージに、予防歯科の理解・実践を促すべく、タイムリーな情報発信を実施してまいります。

公益社団法人 日本産科婦人科学会

このページの先頭へ