公益社団法人 日本産科婦人科学会

English
重要なお知らせ
SUB MENU

在外会員の代議員選挙投票方法についてのお知らせ

更新日時:2018年11月7日

在外会員 各位

在外会員の代議員選挙投票方法についてのお知らせ

来年は代議員の改選期であり、平成31年度~32年度の代議員が選任されます。代議員の選任にあたり、在外会員の代議員選挙投票の手続きは以下となります。
 

1.選挙権者は、平成30年10月31日現在、本会に在籍し、本会会費を完納した正会員です。

2.投票のための登録申請、投票用紙等の交付請求について

3.投票方法

  • 郵送による投票とします(但し、オンライン投票を行っている地方学会もございますので、地方学会とご相談ください)。
  • 投票用紙、投票用封筒、代議員立候補者名簿等は、交付請求を受けた各地方学会の選挙管理委員会から送付されます。
  • 投票の時期については、各地方学会で異なりますので、各地方学会にご確認ください。
     

4.代議員の定数について

  • 本会の「役員および代議員選任規程」では、「代議員の定数は、各都道府県ごとに前年の10月31日現在、そこに勤務又は居住する会員で会費を完納した会員数40名につき1名の割合とする」と規定されていますため、在外会員は代議員定数の算出根拠となる会員数には含めないことといたします。
     

5.地方学会選挙管理委員会は、本会事務局に申請者が10月31日までに会費の納入を行っているか確認をいたします。

 

平成30年10月

公益社団法人 日本産科婦人科学会
総務担当常務理事 青木 大輔

このページの先頭へ