日本産科婦人科学会
JAPANESEENGLISH
JSOG HOME
学術講演会 刊行物 専門医申請関連
会員専用 login
Home > 検索方法

検索方法

サイト内検索(Google)の使い方

基本検索

検索ボックスに手がかりとなるキーワードをいくつか入力してEnterキーを押す(またはサイト内検索ボタンをクリックする)と対象の検索結果が表示されます。

キーワード同士が近くに並んでいるページを優先したり、他のページからの評価を分析する洗練されたテキストマッチ技術を使って、検索に対し重要でなおかつ、的確なページを検索します。

and 検索

Googleは、キーワードのすべてを含んだページのみを返します。キーワード間に "and" を挿入する必要はありません。さらに検索結果を絞り込むには、入力ボックスにキーワードを追加します。また、キーワードの順番は結果に影響します。

ストップ語

Googleでは頻繁に使われる言葉や文字をストップ語句といい、検索キーワードから自動的に除きます。たとえば、"http" や ".com" のほか、特定の単一数字および単一文字を自動的に無視します。これらの言葉が検索を絞り込むことはまれであり、むしろ、検索の速度を大幅に低下する原因となりうるためです。

検索にストップ語を含めるには半角 "+" 符号を使用します。"+" の前には必ずスペースを挿入して下さい。

文脈内でのキーワードの表示

Googleの検索結果には各ページ内でキーワードが一致した個所の抜粋が表示されています。一致したキーワードが太字で記されているので、リストされたページの関連性を簡単に見極められます。

大文字と小文字の区別

Googleでは大文字小文字を区別しません。どちらを入力しても、小文字として認識し検索を行います。たとえば、「GOOGLE」と「GoOgLe」の検索では同じ結果が表示されます。

検索結果を絞りこむには

すでに入力してあるキーワードに新しいキーワードを追加してください。入力されたすべてのキーワードを含むページのみを表示するので、新しいキーワードを追加することにより、最初のキーワードによって表示された"広範囲な結果"の中から、特定のページが選び出せます。

マイナス検索

検索結果から除きたいキーワードの直前にマイナス記号"-"をつけて検索することにより、"-"がついている言葉が含まれているページを除外したリストが表示されます。(この場合マイナスの前にスペースを入れて下さい。)

たとえば、“平成”を含み“昭和”を含まないページを検索するには次のように入力します。

例:  


フレーズ検索

引用符 " ……." を使用することによりフレーズを検索できます。検索結果のすべてのページには、" …….." で囲まれた言葉が文中に並んでいるページだけを検索します。フレーズ検索は、ことわざや特定の固有名称を検索するのに便利です。頻繁に使われる文字や単語を含む場合は、ストップ語の " +" 記号が必要になります。(" +" 記号の詳細はストップ語を参照して下さい。)

ハイフン (-)、スラッシュ ( / )、ピリオド ( . )、等記号(=)および アポストロフィ( ' )は、フレーズ内の接続記号として認識され、引用符の"……."と似たフレーズ機能を持ちます。例えば、mother-in-lawは、全体を引用符で囲まなくても、3語のフレーズとして扱われます。

参考

その他、検索に関する情報は、Googleの「検索方法とヘルプ」をご確認ください。

※検索方法に関する情報は、上記のサイトより引用しました。

このページのトップへ

サイトマップこのサイトについて
© 公益社団法人 日本産科婦人科学会